全仏オープン 2019

全仏オープン2019・女子決勝・バーティ選手対ボンドルソバ選手

投稿日:

2019年全仏オープン女子決勝は、第八シード オーストラリアのバーティ選手と、ノーシード 世界ランク38位、チェコの19歳ボンドルソバ選手の対戦となりました。4大大会においても波乱の多い全仏オープンですが、この決勝の組み合わせを誰が予想したでしょうか?

 

全仏オープン2019・女子決勝

バーティ選手の決勝まで

 バーティ選手のブロックは、第一シードに君臨する大坂選手、第十シードのセリーナ選手、第十四シード キース選手などがひしめいていました。ベスト8で大坂選手対セリーナ選手の全米決勝の再戦、クレーではどうなるのか、などが焦点でした。

しかし、この両選手はともに3回戦で足元をすくわれ敗戦、この両選手を破った相手を手堅くくだしたバーティ選手とキース選手の準々決勝となりました。

どちらもパワーヒッター、打ち合いの接戦となりましたが、サーブ力に勝るバーティ選手がこの試合をものにして準決勝進出です。そしてその相手は、何とアメリカの17歳、アニシモバ選手だったのです。

このブロックには前年覇者、クレーコートを最も得意とする第三シードハレプ選手がおり、1、2回戦を苦労したものの、3、4回戦ではギアを上げて相手を圧倒し、調子を上げた状態で準々決勝に臨みました。サバレンカ選手、カサキナ選手などのダークホースがともに2回戦で敗退、勝ち上がってきたのが17歳アニシモバ選手です。ハレプ選手優位は動かないとみられたこの試合でも、アニシモバ選手の懐深いショットをハレプ選手が攻略しきれず、ストレートセットでアニシモバ選手に軍配が上がりました。

バーティ選手対アニシモバ選手の準決勝、第一セットはバーティ選手が圧倒、5-0とするのですが、アニシモバ選手の反撃が始まり、あれよあれよという間に追い付いてタイブレークに持ち込み、何とこれをアニシモバ選手が奪取、第一セットをものにします。これはどうなるか、と思わせた試合ですが、バーティ選手は自信のあるサービス力を中心に、動揺せず落ち着いた試合運びをみせ、続く2セットを連取して見事な逆転勝ちです。

 

ボンドルソバ選手の決勝まで

 ボンドルソバ選手のブロックは、実績のある第五シード ケルバー選手、昨年の全豪覇者第十三シード ウオズニアッキ選手などのベテラン勢や、強打の第二シード プリスコバ選手などがひしめき、ボンドルソバ選手の勝ち上がりは全く予想できませんでした。しかしこれらの有力選手は3回戦までで姿を消し、特にケルバー選手やウオズニアッキ選手は初戦の1回戦で敗退するなどまさに大波乱のブロックでした。

 その中で、19歳とは思えない老獪な試合運び、高いリターン力を武器にボンドルソバ選手が勝ち上がり、何とベスト4へ進出です。そしてその相手は、本命不在、スティーブンス選手、無グルサ選手などグランドスラム覇者や、スピトリーナ選手、好調のベンチッチ選手、ベキッチ選手などがひしめく大混戦を勝ち抜いた復活コンタ選手でした。見ごたえのある好ゲームとなった試合はコンタ選手がリードをするものの、動じないボンドルソバ選手が終盤逆転する展開で2セットとも奪い、見事勝利です。

 

決勝戦の内容

 バーティ選手対ボンドルソバ選手の決勝は、やや一方的になりました。同国のベテラン ストーサー選手を思わせるバーティ選手のサーブ、きれいにスピンのかかったサーブは狙いどころへきっちりとコントロールされます。ガッチリとペースをつかんだバーティ選手、ボンドルソバ選手は持ち前のリターン力で反撃を試みますが、この日は得意のドロップショット精度が今一つで、第一セットは6-1でバーティ選手が奪取です。

 何とかゲームを離されず、ついていって後半勝負という戦略と思われたボンドルソバ選手ですが、ここぞという時のバーティ選手サーブは安定感抜群、第二セットも大方チャンスをつかめず、6-3とストレートセットでバーティ選手が見事初優勝です。

 燃え尽き症候群で、一時はテニスをやめてしまった時期もあり、苦労をしたバーティ選手ですが、女子ツアーでも指折りの安定感抜群のサーブはしっかりとした試合の組み立てをもたらしています。もともと相当な実力をもった選手、全仏制覇で更に自信を深めたことでしょう。大坂選手にとっても手ごわいライバルが自信とつかみ、今後大いに警戒すべき選手となってきました。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
tamaji

tamaji

テニス歴40年のスポーツ観戦オタクです。テニス以外のスポーツもチェックしています。 その他の趣味はコーラスです。 外国人おもてなしボランティアもやっています。 東京オリンピックのボランティアをやりたいなぁ。

-全仏オープン, 2019

Copyright© テニスブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.