豆知識

テニスの軟式から硬式への転向は難しい?中学生はどちらをやるべき?

更新日:

私も学生の頃、軟式をしていてそのあと硬式を始めましたがはっきり言ってかなり苦労をしました。打ち方やボールのバウンドの違いなどを覚えるまですごく努力しました。

特にバックハンドはラケット面が逆になるので一度ついた癖を直すのに時間がかなりかかりますね。

 

スポンサーリンク

 

テニスの硬式と軟式の難易度は?中学生にはどちらが向いている?

テニスは経験が物を言う!

正直に申しますと、高校のテニスの大会で上位に行く人達は大体が硬式経験者や中学の頃から硬式を部活でみっちりやっていた人。もしくは中学の頃はスクールでジュニア育成に入っていた人が多いです。

県で準決勝や決勝などへ行く人達はだいたい小学生から硬式をやっている人達になりますね。

テニスは経験が物を言うスポーツなので、センスが抜群であって高校の部活ですごい努力をして、やっとその部内で良い成績と言える成績が残せるか残せないか。だと思います。

練習と試合経験は全くの別物で、小学生や中学から硬式をやっている人はとことん大会に出ている人が多いので負けて当たり前と言ってもおかしい話ではないですよね。

友人が高校二年生になった時に、後輩で小学生から硬式をやっていた人が入ってきました。 最初の部内戦では見事トップを持って行き即レギュラーになりましたが、その人でさえも、県では本戦にいけるかいけないか。と言う成績でした。 これが現実です!

硬式テニスは早い時期から始めるべき!

皆さんにはぜひ中学で軟式ではなく、硬式をやって欲しいと思います。

軟式と違っておくがかなり深いので絶対にハマると思いますし、大会でもあきらめず上を目指して欲しいです。

私は学生を卒業して硬式で国体、全日本選手権と行きましとたが、かなり遠回りをしたと思います。

初めから硬式を始めていたら全日本選手権でもかなりの上まで行けたのではないかと思います。

癖を直したりなんだりの遠回りがなけば・・・たらればの話ですが。

自分自身の目標を明確にして練習に取り組めば目標は必ず超えられると思います。

非現実的な目標を設置してしまうと、それは夢だけで終わってしまうので目標であり続けてください。

 

軟式から硬式に変わると打ち方が違うって聞くけど.そんなに違うの?

道具が違うから打ち方も違う!

まず道具の重さや形が変わりボールも重さや材質が変わります。

そのままの打ち方では難しいことがたくさん出てきます。

①ボールのコントロールが難しい。

②肩、肘、手首を痛める。

このような問題があります。ソフトテニスのストロークの打ち方は、テイクバックのラケットの位置が高く、高い位置からスイングしてボールを打ちますよね。

ソフトテニスのボールはゴムでできているので、ボールをラケットで掴んで打つ感覚で打つことができますが、硬式テニスでこれをやるとドライブ回転ほとんどかからず、コントロールしづらいです。

また、フラット系のボールしか打てないです。

入れば非常に重い素晴らしい打球であることは間違えないですが、ミスが多くなってしまいます。

軟式ボールはゴムで軽いので、ラケットだけボールにしっかり合わせれば腕の力だけで打つことができますよね。

これをするともちろん硬式ボールは硬くて重いので、反動が強くなって肩、腕、肘を痛めやすくなります。ので、しっかりと腰をいれて打ようにします。

正直言うと、軟式の癖をそのまま持ったまま硬式テニスをしている人で、硬式の試合に勝ち進んでいる人を1人も見たことがありません。

打ち方に関してはスッパリ忘れてしまった方が今後の上達を考えると良いかと思います。

 

スポンサーリンク

 

打ち方の注意点!

では、何を気をつければ良いのか、

「フォアハンド」

テイクバックを高くても良いので、スイングの開始位置はボールより少し低めに設定して下さい。

ボール23個程下でセットし、ボールの高さに合わせて調節して打つことで、ドライブ回転がかかったアウトのしにくいボールになります。

「バックハンド」

ソフトテニスの打ち方は絶対にやめて下さい!

確実に手首を痛めます。 ラケットを持つ利き手はコンチネンタルグリップで 持ち、打点を前で打つ意識を持ちましょう。 両手バックハンド、片手バックハンドがありますが、両手バックハンドの方がスピンがかけやすくて打ち負けづらいので、おすすめです!

「サーブ」

サーブ、スマッシュは腕の力だけで振りがちなので、全身の力をボールに伝えて打つ練習をしましょう。

①身体が開いて打たないように、右利きであれば左腕、左利きであれば右腕の使い方。

②身体の向き、足の位置。

③身体の回転力、跳躍力をボールに乗せる。

これらを重点的に意識して練習しましょう!

「ボレー」

ソフトテニスでウエスタングリップで持っていた場合は、コンチネンタルグリップに必ず変更しましょう。手首を痛める原因になります。

ボールの高さにラケットを合わせ、軽いスライス回転のかかるボールタッチでコントロールできるように意識しましょう。

 

まとめ

硬式テニスとソフトテニスの打ち方の違いについては以上になります。

軟式テニスからの硬式テニスの変更はかかなり大変なものと思います。

身についてしまった癖を直すには時間がかかります。

スポンサーリンク

-豆知識

Copyright© テニスブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.