豆知識

プロテニスの試合観戦の服装は?持っていると便利なもの

更新日:

初めてプロテニスの試合を観戦に行かれる方々に会場で観戦する際のマナーや禁止されている事項などについて、あらかじめ予備知識を得て会場に行かれることをお勧め致します。

また会場に持って入ることが出来る持ち物とセキュリティーの関係から持ち込むことが一般的に許可されない持ち物など前もって頭にインプットされて当日の試合を観られると、ボールにラケットが当たる瞬間の音やシューズの音など生のその迫力に圧倒されると思います。

次ページからは観戦中のマナーや服装などについてもお話を進めさせていただきます。

 

スポンサーリンク

 

プロテニスの試合観戦中のマナー

普段はテレビライブ中継や録画放送でしかプロテニス試合を見られない方が開催会場まで足を運んで観戦される気分はきっと高揚していると思います。野球やゴルフでもその生の迫力が直接に肌で感じられるので行く前からワクワクしておられると思いますがプロ選手同士の試合はある意味、真剣勝負で一つ一つのプレーと結果にピリピリして試合をしています。

ワンゲームごとに集中力を高めてプレーしていますのでプレー中に声を出して話したり、物を動かして音を立てたりする行為はマナー違反と考えて避けるべきです。

サービスからリターンへさらにラリーやボレーが続いている間を「プレー中」としてその時間は出来るだけ静かに観ることが試合観戦の一つのマナーと言えます。

そしてポイントが決まった時には大きな拍手や歓声を送ることは全く問題有りません。応援している選手への拍手だけでなく応援していない相手選手が良いプレーをした時も賞賛の拍手を送るのがテニス観戦のマナーと覚えておいてくださいね。

その他にも幾つかの気をつけたい事柄を箇条書きにしてみました。

1.携帯電話は必ずマナーモードにする。

2.ビデオ撮影は禁止されています。プレー中の選手の動画撮影や練習中の選手の動画撮影も禁止です。

3.カメラのフラッシュ撮影は禁止です。大きなシャッター音は避けてください。

4.自席での撮影以外は禁止です。三脚も他の観客に邪魔になるので控えたいものです。

5.自席での食事は問題ありませんが煎餅などの音が出るお菓子は気をつけてください。

6.選手が神経質になるのは観客の移動です。どうしても移動が必要な時はコートチェンジの時に移動するようにしてください。コートチェンジは奇数ゲーム終了した時に行なわれます。

7.マナーとして試合開始前にはトイレを済ませて飲料水も事前に用意しておくのがいいと思います。だいたい皆さんトイレタイムは同じ頃に用を済ませたくなりトイレも混みますので。

試合観戦の時の服装などは次に述べさせて頂きますのでご参考にしてください。

 

  テニス観戦のときの服装

プロテニス試合を観戦する時の服装で気をつけなければいけないのが被り物や派手な仮装スタイルです。

普通の試合では派手な仮装や被り物はマナーとして避けるほうがいいと思います。

国別対抗戦のデビスカップではお祭り要素で、たまに見かける事があるようですが特に大きな国際大会では避けるべきです。

選手が集中して試合が出来る環境づくりに共に協力するという雰囲気は紳士淑女の礼節を重んじる伝統・マナーに由来するものと思われます。

ドレスコードはありませんが光沢のある服装は控えたほうが無難です。試合中に光を反射したりしてプレーの妨げになるのを避けるためです。アクセサリーも大きな光物は避けるべきです。

 

スポンサーリンク

 

テニス観戦の持ち物

ではプロテニスの試合を観戦する時に「会場に持っていける物」「観戦にあると便利な物」を列挙しておきますので行かれる前にチェックしていただき是非参考にしてください

  • 水筒、缶、ペットボトルの持ち込みは大丈夫です。ただし瓶(ビン)はNGです。多くはアルコール類もNGです。前述の通りビデオカメラやハンディカメラ、パソコンもNGとなっています。入り口のセキュリティチェックで厳重に調べられますので注意しましょう。

  • 持っていくべき物として屋外のテニスコートは日差しが強かったり、天候が急変して雨に合ったりしますのでしっかり準備して会場に持っていきましょう。

有ると便利なものを箇条書きにしておきます。

<日焼け対策>持っていくべき物。

・サングラス、キャップ&サンバイザー、*日傘は他の観客に迷惑でNG、日焼け止め、タオル、小さい扇子、小型座布団(結構役に立つ)、バスタオル(日差し対策と寒さ対策)、塩入飴(熱中症対策に)など。

<有ると便利な物>

・古新聞(荷物置きに)、ゴミ袋(90ℓぐらい、急な雨対策にも)、折りたたみ傘、レインコート、小型クッション、オペラグラスなど

<その他>

・サインペン、色紙、ドローシート(運よくプロ選手からサインをもらえる場面に出会う時に備えて)など。

 

持ち物とマナーがわかったところで、海外まで行かなくても、日本で見れるプロテニスの試合があります。

男子なら毎年10月に開催される「楽天ジャパンオープン」です。女子は毎年9月開催の「東レパンパシフィックオープン」がありますので是非、会場に足を運んで迫力あるプロテニスの試合を観戦してください。

 

まとめ

最後にテニスではフェアプレー精神が重んじられます。試合を観戦する観客にも選手が集中して試合が出来る環境づくりに協力する姿勢が大切です。

そのために応援に関しても好きな選手にだけ拍手するのではなく応援していない相手選手の好プレーにも拍手を惜しまない行動が試合を盛り上げていきます。

そして会場全体が一体になりその空間に包まれて過ごす時間にますます魅了されてより楽しくテニス観戦が出来るのではないかと思っています。

次はテニス会場でお会いしましょう。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
KHムーミンパパ

KHムーミンパパ

1946年2月11日生まれ兵庫県淡路島出身。 テニスは軟式8年、硬式50年です。 ポジティブな性格で、テニスも現役です。

-豆知識

Copyright© テニスブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.