全米オープン

過去の全米オープンの優勝者一覧!今年の優勝は?

更新日:

今年は誰が優勝するのか?!

いよいよ真夏のテニスイベント「全米オープン」が開催されます。

開催期間は2018年8月27日(月)~9月9日(日)の二週間です。

会場はアメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区フラッシング・メドウズ・パークにあるテニス施設USTAナショナル・テニス・センターです。

USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターとも呼ばれています。

2006年にアメリカテニス界の偉大な女子テニスプレイヤーのビリ-・ジーン・キングの功績を称えて命名されました。

USTAナショナル・テニス・センターは22のテニスコートや世界最大のテニス専用スタジアム「アーサー・アッシュ・スタジアム」と「ルイ・アームストロング・スタジアム」や「グランドスタンド」があります。

総面積は46.5エーカーと広大です。

全米オープンは1881年の第一回全米選手権アマチュア大会として開催され今年で137年の歴史ある大会です。全米オープンを制した優勝者を列挙してみました。

 

スポンサーリンク

 

全米オープン優勝者一覧

過去の全米オープン優勝者(男子シングルス)

優勝者

備考

2017

ラファエル・ナダル

 

2016

スタン・ワウリンカ

 

2015

ノバク・ジョコビッチ

 

2014

マリン・チリッチ

準優勝は錦織圭

2013

ラファエル・ナダル

 

2012

アンディ・マレー

 

2011

ノバク・ジョコビッチ

 

2010

ラファエル・ナダル

 

2009

ファン・マルティン・デル・ポトロ

 

2008

ロジャー・フェデラー

84年ぶり、5連覇達成

2007

ロジャー・フェデラー

 

2006

ロジャー・フェデラー

 

2005

ロジャー・フェデラー

 

2004

ロジャー・フェデラー

 

1968

アーサー・アッシュ

50年前にプロオープン化された年の初の優勝者。スタジアムに冠名

 

今年は誰が優勝するのか?

予想は難しいですが安定感のあるフェデラー選手や守備力抜群のナダル選手、この前のウィンブルドン大会を優勝したジョコビッチ選手が有力です。

しかし錦織圭選手にも優勝できるチャンスは十分あると思っています。

苦手な芝のウィンブルドン大会で初のベスト8に進出したのは大きな自信になっていると思っています。準々決勝でジョコビッチ選手に負けましたがベスト8ではそんなに喜びを表さず、目はもっと高めを見ていましたので上位進出はあると見ています。

 

優勝回数の多い選手は?

50年前の1968年オープン化以降では5回優勝者はジミー・コナーズ選手、ピート・サンプラス選手、ロジャー・フェデラー選手の3人です。凄いメンバーですね!

最多優勝者はオープン化以前では7回優勝者はビル・チルデン選手、リチャード・シアーズ選手、ウイリアム・ラーンド選手の3人です。

 

4強の一角を崩すのは誰?

 

 

4強の壁 

このところ4強と言われたフェデラー選手、ナダル選手、ジョコビッチ選手、マレー選手を崩す壁はかなり厚く手強いです。

しかし錦織圭選手が有力と見ています。

デルポトロ選手アンダーソン選手といった次の世代で強い選手が優勝候補に上がるのは間違いないでしょうが勝負強さや粘りが多く見られるので可能性は有りです。

事実、2014の決勝へ進出した時は準決勝であの強いジョコビッチ選手に勝って初めてのメジャー大会決勝戦に進みました。

当時の雰囲気ではメジャー制覇も近いという感じでしたがその後の怪我や故障でランキングも落として苦しい時期がありました。

最近はランキングも上げてきてサーブ力やフットワークなどと共に体幹もしっかりと作り上げてきていますので5試合から7試合を戦い抜く体力はあるなと感じさせてくれていますので期待したいと思っております。

 

若手では誰が有力?

最近、上昇著しいズベレフ選手が有力ではないかと思っています。

サーブ力にストロークも威力があります。バックハンドストロークも凄く安定してきているので注目しております。

 

過去の全米オープン優勝者(女子シングルス)

 

優勝者

備考

2017

スローン・スティーブンソン

 

2016

アンゲリク・ケルパー

 

2015

フラビア・ベンネッタ

オープン化後の最年長優勝者記録33歳6ヶ月

2014

セリーナ・ウイリアムズ

 

2013

セリーナ・ウイリアムズ

 

2012

セリーナ・ウイリアムズ

 

2011

サマンサ・ストーサー

 

2010

キム・クライシュテルス

 

2009

キム・クライシュテルス

 

2008

セレナ・ウイリアムズ

 

2007

ジャスティーヌ・エナン

 

2006

マリア・シャラポア

 

2005

キム・クライシュテルス

 

2004

スベトラーナ・クズネツォワ

 

1968

バージニア・ウエード

50年前にプロオープン化された年の初の優勝者。

女子のオープン化以前の優勝回数の多いのは8回優勝者のモーラー・マロリーです。

オープン化以降の優勝回数の多いのは6回優勝者のクリス・エバートです。

 

まとめ

今年最後のメジャー大会の舞台はハードコートの全米オープンへ移ります。

過去の優勝回数を見てもフェデラー選手とナダル選手、ジョコビッチ選手、マレー選手は抜きに出ています。

しかし大きな試合は何が起こるかやってみないとわからないと言われています。

番狂わせです。特にオープニングゲームの初戦に起こり易いです。

全員が緊張しているのでちょっとしたきっかけで敗れる事があります。

それがメジャーです。

錦織選手には一つ一つ勝ち上がって上位進出を目指して頑張ってほしいと願っております。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
KHムーミンパパ

KHムーミンパパ

1946年2月11日生まれ兵庫県淡路島出身。 テニスは軟式8年、硬式50年です。 ポジティブな性格で、テニスも現役です。

-全米オープン

Copyright© テニスブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.