全米オープン

全米オープンテニスの賞金は?1回戦でもサラリーマンの年収?!

更新日:

今年も全米オープンテニスの開幕が近づいてきました。

全米オープンテニスは毎年、学校夏休みの終盤に開かれるので真夏をやや過ぎた頃、アメリカの学校の新学期と重なります。

昨年、私達もアメリカ在住の次男家族に8月末に会いに行きました。

次男自宅のニューヨーク州ロチェスターからニューヨーク・マンハッタンまで高速鉄道アムトラックで行ったのですが同じ州なのに片道約7時間もかかるほどアメリカはめちゃ広い~です。

日程の都合で全米オープンテニス開催会場のニューヨーク市近郊のフラッシング・メドウにあるUSTAナショナルテニスセンターまでは行けませんでした。

ちょうど本戦も行なわれていたので会場の雰囲気でも味わいたいと思ったのですが他の観光と日程が合わず残念でした。

さて全米オープンテニスの賞金についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

4大メジャー大会の中でも最も賞金総額が多いので有名です。

2018年も前年より金額アップしたようです。昨年と比較してみました。

 

スポンサーリンク

 

全米オープンテニス2018の賞金は?

2018全米オープンテニス賞金総額 男女シングル賞金一覧表

項目

2018年

2017年

賞金総額

5300万ドル(約59億円)

5040万ドル(約56億6300万円

優 勝

380万ドル(約4億2000万円)

370万ドル(約4億700万円)

準優勝

185万ドル(約2億500万円)

182万5000ドル(約2億100万円)

ベスト4

92万5000ドル(約1億200万円)

92万ドル(約1億100万円)

ベスト8

47万5000ドル(約5300万円)

47万ドル(約5200万円)

4回戦

26万6000ドル(約2900万円)

25万3625ドル(約2800万円)

3回戦

15万6000ドル(約1700万円)

14万4000ドル(約1600万円)

2回戦

9万3000ドル(約1000万円)

8万6000ドル(約950万円)

1回戦

5万4000ドル(約600万円)

5万ドル(約560万円)

*為替レートによります。

今年も賞金総額が過去最高となりました。4大メジャー大会の中でも一番多い大会です。毎年アップして出場選手の気合も違ってくるものと思われます。

 

賞金がもらえるのはどこから?

 

賞金の原資となるのは主にスポンサー企業からの広告収入です。

場や各コート壁面に表示されている企業名商品ロゴですね。

恐らくテレビに映りやすいセンターコート壁面は広告料もそれなりに高くなっていると思われます。

大会の運営費などもテレビ放映権料入場料収入などでまかなわれていて大きなイベントになっています。

準優勝、3位はいくら?

準優勝賞金

2018年の全米オープン準優勝賞金は185万ドル(約2億500万円)と昨年より2万5000ドル(約275万円)ほどアップして他の大きな大会の優勝賞金を上回るぐらい高額です。

 

ベスト4賞金

3位決定戦はないのでベスト4の92万5000ドル(約1億200万円)になります。いずれにしても高額ですね。

どのくらい勝てば賞金がもらえるの?

予選賞金はあるの?

予選に参加して勝ち上がっていけば賞金がもらえます。

昨年の例で言えば、予選1回戦で約88万円、予選2回戦に勝ち上がれば約172万円、予選ファイナルは約300万円で本戦進出も見えてきます。

 

まとめ

賞金は1回勝ち上がるごとに、ほぼ倍増していく感じです。

本戦の1回戦に出場すれば約600万円がもらえます。

一般会社員のほぼ年収と同じだなんてやっぱり全米オープンは凄いですね!

激戦を勝ち抜いた優勝者も凄いですが賞金に目を向けるとちょっぴり羨ましい気もします。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
KHムーミンパパ

KHムーミンパパ

1946年2月11日生まれ兵庫県淡路島出身。 テニスは軟式8年、硬式50年です。 ポジティブな性格で、テニスも現役です。

-全米オープン

Copyright© テニスブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.